2014年06月28日

肺をギュッとね!


タッ タッ タッ タッ タッ タッ 。


今日も元気に、

 “わら坊” です。


残念ながら今日も雨ですね。

そとは雨ですが、元気いっぱい頑張りましょう!





さて、『拘束性換気障害』と『閉塞性換気障害』が、どんな状態かわからなくなってしまった時の話しでしたね。


【呼吸機能検査で分かること】
スライド3.JPG



そんなときは、ギュッと肺を抱きしめてみましょう。

プレゼンテーション1.jpg



ギュッとされているので、肺は空気を吸えなくなっています。

つまり、肺活量が低下 しているのです。


このとき、あなたがやっているのはなんですか?

そう。


『拘束』  です。


だから、 『肺活量が低下しているもの=空気を吸えなくなっているもの』は、

 『拘束性換気障害』 なのです。


逆が、『閉塞性換気障害』と覚えればいいでしょう。




もちろん、 『閉塞性換気障害』 は閉塞していて、はけない。

だから、1秒率が低下する


と覚えても良いですね。




さて、『拘束性換気障害』 と 『閉塞性換気障害』 には、どんな病気があるのでしょうか?


まず、 『拘束性換気障害』は、どうして拘束されているのか?  なぜ拘束されているのか?を考えます。


拘束している原因は、肺胞の周りの間質が硬く なっていることです。

肺胞@.jpg


間質が硬くなって、ギューとしていて肺胞を広げられなくなっているのですね。

肺胞A.jpg



炎症、線維化などで、肺胞の周りの間質が硬く 硬くなってしまったものが、

『間質性肺炎』、『肺線維症』、『じん肺』 で、『拘束性換気障害』の代表的な病気です。






『閉塞性換気障害』には、どんな病気があるのでしょうか?

『閉塞性換気障害』で、閉塞してしまうのは、気管です。

なぜ閉塞してしまうのでしょう?


これも慢性の炎症からの線維化などが原因です。

B肺胞.jpg


『気管支喘息』、『慢性閉塞性肺疾患(COPD)』  (肺気腫、慢性気管支炎) 、 『肺気腫』 などが、『閉塞性換気障害』の代表的な病気です。



まとめると、

呼吸機能検査.jpg







それでは、国家試験を解いてみましょう。



★国家試験をやってみよう

問74 拘束性肺疾患はどれか.2つ選べ.(第43回)
@ 肺気腫
A 肺線維症
B 気管支喘息
C びまん性汎細気管支炎
D 塵肺症   


問75 呼吸器疾患で正しいのはどれか.(第47回)

@ 肺繊維症は閉塞性肺疾患である.
A 気管支拡張症では乾性咳嗽がみられる.
B 気管支喘息の発作時は1秒率が低下する.
C 過換気症候群では呼吸性アシドーシスになる.
D CO2ナルコーシスは低CO2血症で生じる.


問76 呼吸器疾患で正しいのはどれか.(第40回)
E 肺繊維症は閉塞性肺疾患である.
F 閉塞性換気障害では肺活量比が低下する.
G 肺気腫では全肺気量が減少する.
H CO2ナルコーシスは低CO2血症で生じる.
I Hugh-Jonesの分類は呼吸困難の程度を示す.  










この講義が、多くの人に伝わりますように........


理学療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村







posted by わらじい at 11:37| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

t