2014年05月15日

新種の生き物、脳ムシ登場!!


わら坊のおかげで、少し元気がでてきた。

まったく年には勝てない。

情けないが、仕方がない。




さて、今日は脳の血管(動脈)についての話をしよう。


まず、下の絵を見て欲しい。

スライド3.JPG



なにか、不思議な4つ足の生き物じゃろ。

これは、大脳と小脳に足が生えた新種の生き物(脳ムシ)じゃ。

前方には眼球もついておるな。

スライド2.JPG



そして、この脳ムシの赤く記した足が、脳へ行く血管(動脈)じゃ。


前足には、途中で枝分かれして内側のものが、左右に1本づつ

後ろ足は、2本が途中で1本になって脳に行っている。


すなわち、前方には、総頚動脈から分枝した左右の内頚動脈が、

後方には、左右の椎骨動脈が合流した脳底動脈が脳に行っているのじゃ。



スライド1.JPG




この3本の動脈は脳に達したあと、お互いにコネクションをもち、動脈輪というものを形成するのじゃが、それについては、またあとで話すとしよう。



今日は、左右の総頚動脈と椎骨動脈が、心臓からどのように出ているか? について話をしたい。


実は、左と右で、総頚動脈、椎骨動脈の出方が違う のじゃ。



右側では、大動脈弓から、腕頭動脈が出て、それが右総頚動脈と右鎖骨下動脈に分岐する

そして、右鎖骨下動脈から右椎骨動脈が分岐する のじゃが、



左側は、大動脈弓から直接、左総頚動脈と左鎖骨下動脈が分岐し、左鎖骨下動脈から左椎骨動脈が分岐するのじゃ。


このように左右で少し違うのじゃな。


スライド5.JPG

スライド6.JPG


こんな解剖学的なことも、国家試験に出ていたりする。





★国家試験をやってみよう

問36 大動脈弓から分枝するのはどれか。(第39回)
1.右総頚動脈
2.右椎骨動脈
3.右鎖骨下動脈 
4.左総頚動脈
5.左椎骨動脈   







この講義が、多くの人に伝わりますように........
読んでくれた人は、どちらかに、クリックをおねがい。


理学療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村




posted by わらじい at 01:41| Comment(0) | 解剖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

t