前の記事 TOP 次の記事

2014年04月08日

排尿調節機構(ペットボトル1本分)

さて国家試験の問題はどうだったろうか。

知らない知識もあったと思うので、詳しく解説しよう。

排尿反射.jpg


排尿の表.jpg


問10 正しいのはどれか。(第41回)
1.排尿は内膀胱括約筋が収縮することで生じる.
2.膀胱内圧が50cmH20に達すると初発尿意が生じる.
3.膀胱の容量は800〜1,000m/である.
4.排尿に関する交感神経はTh8〜Th10にある.
5.排尿に関する副交感神経はS2〜S4にある.   


【解答・解説】 

排尿は、内膀胱括約筋が弛緩することで生じるので 1.はバツ1

2.3.はちょっと飛ばし。

排尿に関する交感神経は、Th111〜L2、副交感神経は、S2〜S4なので、 4.はバツ1で、 5.が正解

一応、知っている知識だけで正解は導ける。



それでは、飛ばした 2.3.について。

膀胱には、一体どれくらい尿を貯められるか?おしっこをどれくらい我慢できるか?ということじゃが、

膀胱には最大、約500〜600ml 蓄尿することが可能じゃ。

結構、貯められるもんじゃろ。

ペットボトルでお茶を飲むごとに“このくらい溜まるのか“とイメージすると良いぞ。
(あくまで心の中でだけでな)

そして、膀胱に 約200ml たまると尿意を感じる。

その時の膀胱内の圧力は 約15〜20cmH2O

なので、それぞれバツ1じゃ。  ちと、難しいか。



問11 外尿道括約筋を随意的に収縮させる神経はどれか。(第44回)
1. 腸骨下腹神経
2. 陰部大腿神経
3. 陰部神経
4. 下腹神経
5. 骨盤神経  


【解答・解説】 

これは簡単じゃろ。

外尿道括約筋を随意的に収縮させる神経は、 『陰部神経』 。

だから 正解は 3. 。



排尿についての国家試験をもう一つ、

これはどうじゃろうか???


問12 膀胱の神経支配について正しいのはどれか。(第38回)
1.下腹神経は副交感神経である.
2.骨盤神経は交感神経である.
3.陰部神経は体性神経である.
4.αアドレナリン受容体は膀肢体部に多い
5.βアドレナリン受容体は膀胱底部に多い    


【解答・解説】 

これも簡単じゃないかな。

下腹神経は交感神経、  骨盤内蔵神経は、副交感神経、  陰部神経は体性神経 

なので、 3.が正解 。

簡単じゃ。




「4.と5.はどうなの?」


そうそう、アドレナリン受容体についても少し説明しよう。

アドレナリン受容体についてはよくわからないと思うが、大まかに言うとこんな感じじゃ。


αアドレナリン受容体が、膀胱底部に多くあり、括約筋を収縮 させて、

βアドレナリン受容体は、膀胱体部に多くあり、排尿筋を弛緩 させる


存在位置とその作用を書き込むと、こんな感じじゃな。



     【アドレナリン受容体の位置と作用】
アドレナリン受容体.jpg


このくらいの知識でとりあえずは良いと思う。

もし、覚えられるなら、

おしっこの出にくい 前立腺肥大症の治療薬には、αアドレナリン受容体遮断薬 を使用する こと

を覚えておいたらどうだろうか。


おしっこがでにくい  →  括約筋を弛緩させたい  →  αアドレナリン受容体をブロック 

こんなストーリーをイメージしておけばアドレナリン受容体については完璧じゃ。


     【前立腺肥大の治療薬(αアドレナリン受容体遮断薬)】
アドレナリン受容体A.jpg




さて、実際に 尿が膀胱に溜まって、排尿するまでの過程 の話をしよう。


さっき話をした通り、尿が、膀胱に約200ml溜まり、内圧が15〜20cmH2Oになると尿意が生じる。

尿意とは、脳が排尿したいと思う意識だが、これは、

膀胱壁が拡張すると、その知覚が骨盤神経を通り排尿中枢(S2-4)に届く

その情報が大脳皮質に届いたものが、“尿意“じゃ。



     【尿意を感じた図】
排尿調整@.JPG



ちなみに、普段、膀胱は交感神経優位になっていて、蓄尿する方向にある。

また、尿意を感じても、排尿できない状況だと、 陰部神経活動を促して外尿道括約筋を収縮 させる。

さもないと、とんでもないことになるからな。


     【普段の図】
排尿調整A.JPG


尿意を感じ、いざ、おしっこをしようと思ったときは、

“尿を出すぞ〜”という命令が大脳から来て、

随意神経の陰部神経が、外尿道括約筋を弛緩させ、

また、

交感神経優位から副交感神経優位

にして排尿する。


     【排尿時の図】
排尿調整B.JPG

これが、排尿調節機構じゃ。



最後にもう1問、国家試験を1つやって、排尿は終了じゃ。


★国家試験をやってみよう
   

問13 誤っているのはどれか。(第40回)
1.随意的排尿には大脳皮質が関与する.
2.交感神経を刺激すると膀胱は収縮する.
3.膀胱体部からの求心性神経は骨盤神経である.
4.脊髄排尿中枢は第2〜4仙髄節にある.
5.外尿道括約筋は陰部神経の支配を受ける. 


ついでなので、排便も話もしよう。

排便についてはもっと単純じゃ。





この講義が、多くの人に伝わりますように........
役に立ったと思った人は、クリックを。


理学療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村








この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by わらじい at 09:39 | 末梢神経

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa