2015年10月31日

発売決定!

タチコマさん。
そのほか全国の「藁(わら)じいの。」ファンの皆さん。



お待たせしました!


ついに、理学作業療法士国家試験対策になる内科の本「わら坊のつぶやき」が発売されます。


執筆が終了し、せっかくなのでちゃんとした本にしたかったので、現在、編集会社にて編集中です。

それがすこし時間がかかります。



発売は、


2016年1月下旬 
です。



すみません。もう少しお待ちください。


販売方法は当サイトにてご報告します。


プレゼンテーション1.jpg





にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村




posted by わらじい at 11:23| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

レモンさんへ

レモンさんからコメントを頂いたので、できる限りお答えします。


難治性の吃逆で延髄外側症候群の診断がテレビでやっていたとのことで、わらじい。も確認しないといけないと思い確認していまして時間がたってしまい申し訳ありません。


ご指摘のテレビはNHKのドクターGかと思います。

中年男性がなぞの難治性の吃逆に襲われていたものですね。



延髄外側症候群の症状としては、

病側の顔面温痛覚麻痺
対側の頸部以下の温痛覚麻痺、球麻痺、小脳失調

国家試験的には重要です。




論文でしらべると「しゃっくり」も11〜68%の人に認めていることがわかります。

プレゼンテーション1.jpg
「耳鼻と臨床 33:S129-S141,2009  Wallenberg症候群における嚥下障害と付随する症候 藤島一郎」から 


レモンさんの場合、年齢等、脳梗塞のリスクがどれくらいあるかなどわかりかねるところもありますが、一度、MRIで脳幹を知らべてもらうことはよいことかもしれません。


NHKでも言っていましたが、吃逆をおこす疾患は悪性のものから良性まで幅広く存在します。

他の疾患を見逃さないことも重要です。


こんなところです。すみません。


コマッターの人たちは、延髄外側症候群での吃逆は国家試験には出にくいかと思いますので、こころの隅において置く程度でよいかと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

posted by わらじい at 10:21| Comment(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

t