2014年06月26日

呼吸機能検査。


タッ タッ タッ タッ タッ タッ 。


ブラジルの人、聞こえますか〜


久々、登場、

 “わら坊” です。

おげんきでしたか?



今日も、内科の話をしていくよ。




栃木県鹿沼市の「ラジオネーム 恋するウサギちゃんさん」からお手紙をもらいましたので、読みます。


「いつも楽しく、聞かせていただいてます。 質問です。 呼吸機能検査についての国家試験問題で、下のような、こまかい名前の定義を覚えていないと解けない問題がありました。 これは全部覚えなければならないのでしょうか?」



どんな問題でしょうか。



問73 誤っているのはどれか.(第42回)
@ 残気量  =全肺気量 一肺活量
A 肺活量  =予備呼気量+最大吸気量
B 予備吸気量 =最大吸気量−1回換気量
C 予備呼気量 =全肺気量 一最大吸気量
D 機能的残気量=予備呼気量+残気量



なるほど、これは確かにすべての名前の定義を覚えていないと解けないですね。


でも、大丈夫。

全く、覚える必要はありませんよ!

というか、うさぎちゃんさん、あなたはもうすでに覚えているので〜す。




呼吸機能検査のこのような問題がでたときは、国家試験会場で、

呼吸機能検査を机上でやってみましょう。



問題用紙の空いているところで、呼吸機能検査をしてみるのです。


まず、5本の線を書きます。

スライド1.JPG


これで検査の始まりです。


検査が始まると、検査のお姉さんにこのように言われます。

「普通に呼吸してくださ〜い」


線の真ん中に、このように書きます。

スライド2.JPG


これは何でしょうか?



いま、やっているのは、普通の呼吸ですね。

だから、これは 『一回換気量』 です。

スライド3.JPG




そして、検査のお姉さんはこう言います。

「では、大きく吸って〜!吸って〜!吸って〜!まだ吸えるでしょ!もっともっと!!」

スライド4.JPG


もう吸えないところまで、息を吸います。

普段、普通に呼吸をしているときは、感じなかったけれど、吸う気になったら、予備にこんなに吸えるんですね。

だから、これは

『予備吸気量』


スライド5.JPG



普段の呼吸から、最大に吸うと、一回換気量とこの予備吸気量を足した量を吸い込むことができるのですね。

だから、この2つを足したもの、一回換気量+予備吸気量は、

『最大吸気量』


スライド7.JPG




そのあと、検査のお姉さんは、こう言います。

「さあ、今度は息をはいて!はいて!はいて!まだ、はけるでしょ!!もっと!もっと!」

スライド8.JPG



普段の呼吸をしているときは、感じなかったけれど、はく気になったら、予備にこんなにはけるんですね。

だから、これは『予備呼気量』


スライド9.JPG



一番吸った時から一番はいた時ときまでを、何というかというと…

そう!


『肺活量』


スライド10.JPG



まとめると、

スライド11.JPG




あれあれ?下に1本、線が残ってしまいましたね。

最初から4本でよかったのかな?

スライド12.JPG




いやいや、この部分が、大切な

『残気量』  です。

スライド13.JPG


どんなに、大きく最大に空気をはいても、人間は肺の中のすべての空気をはきだすことはできないのです。

この、残ってしまった空気量のことを  『残気量』  といいます。






綺麗な空気の田舎で生まれた青年が、

『俺は、都会に出てきてすっかり身も心も都会に染まり、汚れてしまった』

と嘆いていたらこう言ってあげてください。  




「大丈夫。非常に量は少ないけれど、あなたは、生まれたところのあの、綺麗な空気を一生、肺の中に持ち続けながら生きているのですよ。」





予備呼気量とこの残気量を合わせたもを、

『機能的残気量』

とよびます。これは覚えなくちゃならないかな。


スライド14.JPG




肺に溜められるすべての空気量=全排気量は、肺活量と残気量を足したものになることは、もうわかりますね。


スライド15.JPG




このように、もし、国家試験で肺活量の問題がでたら、空いているところで、呼吸機能検査をしてみましょう。



そうすると、問題も簡単に解くことができますよ。



『恋するうさぎちゃん』さん、どうですか????





では、やってみましょう!!

問73 誤っているのはどれか.(第42回)
@ 残気量  =全肺気量 一肺活量
A 肺活量  =予備呼気量+最大吸気量
B 予備吸気量 =最大吸気量−1回換気量
C 予備呼気量 =全肺気量 一最大吸気量
D 機能的残気量=予備呼気量+残気量











この講義が、多くの人に伝わりますように........


理学療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村




















posted by わらじい at 21:01| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

t