2014年06月27日

拘束性と閉塞性換気障害


タッ タッ タッ タッ タッ タッ 。


今日も元気に、

 “わら坊” です。




さて、さて、さっそく昨日の解答解説から行きましょう。


問73 誤っているのはどれか.(第42回)
@ 残気量  =全肺気量 一肺活量
A 肺活量  =予備呼気量+最大吸気量
B 予備吸気量 =最大吸気量−1回換気量
C 予備呼気量 =全肺気量 一最大吸気量
D 機能的残気量=予備呼気量+残気量


【解答・解説】

まずは、自分で机の上で、呼吸機能検査をしてみましょう。

できましたか?

スライド14.JPGスライド15.JPG

出来てしまえば、これを見て答えればいいだけです。


@残気量  =全肺気量 一肺活量
   残気量は、全肺気量から肺活量を引いたものですね。

1. は〇


A肺活量  =予備呼気量+最大吸気量
   肺活量は、予備呼気量と最大吸気量を足したもの。

2. も〇


B予備吸気量 =最大吸気量−1回換気量
   予備吸気量は、最大吸気量から1回換気量を引いたもの。

3. も〇


C予備呼気量 =全肺気量 一最大吸気量
   予備呼気量は、全肺気量から最大吸気量と残気量を引いたものですね。
   全肺気量から、最大吸気量を引いたものは、機能的残気量です。

4. は、バツ1


D機能的残気量=予備呼気量+残気量
   機能的残気量は、予備呼気量と残気量を足したもの。

5. は〇



正解は、4.





どうですか?

きちんと書ければ、問題ないかと思います。

頑張りましょう。




さて、この呼吸機能検査では、一体何を調べているのでしょうか?


呼吸機能検査を行うことで、

空気を吸えない病気(拘束性換気障害) と

空気をはけない病気(閉塞性換気障害)  を見つけ出そうとしています。



どのように見つけ出そうとしているかというと、 %肺活量  1秒率 を計算しているのです。


%肺活量(VC) とは、年齢と身長によって計算した、肺活量の予測正常値と比較し、測定値がどのくらいであったかという値 です。


1秒率とは、 最大に吸った状態から、1秒間にはくことのできる空気量を、1秒量(FEV1)といい、

そして、その量が、肺活量の何%なのかを表したもの を、1秒率(FEV1/FVC)といいます。



それぞれ、 

%肺活量(%VC) 80%未満、

1秒率(FEV1/FVC)70%未満 
  で判定します。

呼吸機能検査.jpg



%肺活量(%VC) が、80%未満のものを 『拘束性換気障害』

スライド2.JPG



1秒率(FEV1/FVC)が、70%未満のものを 『閉塞性換気障害』 。

スライド1.JPG



その両方ともあった場合を、 『混合性換気障害』 としています。

スライド5.JPG





つまり、肺活量が低下して、空気を吸えないものを、『拘束性換気障害』

1秒量が低下して、空気をはけないものを、『閉塞性換気障害』としているのです。



1秒率の意味がわかれば、この2つを間違うことはないのですが、たまに、どっちがどっちだったかわからなくなってしまうことがあります。


そんなときは、ギュッと肺を抱きしめて みましょう。

プレゼンテーション1.jpg














この講義が、多くの人に伝わりますように........


理学療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村





posted by わらじい at 18:39| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

呼吸機能検査。


タッ タッ タッ タッ タッ タッ 。


ブラジルの人、聞こえますか〜


久々、登場、

 “わら坊” です。

おげんきでしたか?



今日も、内科の話をしていくよ。




栃木県鹿沼市の「ラジオネーム 恋するウサギちゃんさん」からお手紙をもらいましたので、読みます。


「いつも楽しく、聞かせていただいてます。 質問です。 呼吸機能検査についての国家試験問題で、下のような、こまかい名前の定義を覚えていないと解けない問題がありました。 これは全部覚えなければならないのでしょうか?」



どんな問題でしょうか。



問73 誤っているのはどれか.(第42回)
@ 残気量  =全肺気量 一肺活量
A 肺活量  =予備呼気量+最大吸気量
B 予備吸気量 =最大吸気量−1回換気量
C 予備呼気量 =全肺気量 一最大吸気量
D 機能的残気量=予備呼気量+残気量



なるほど、これは確かにすべての名前の定義を覚えていないと解けないですね。


でも、大丈夫。

全く、覚える必要はありませんよ!

というか、うさぎちゃんさん、あなたはもうすでに覚えているので〜す。




呼吸機能検査のこのような問題がでたときは、国家試験会場で、

呼吸機能検査を机上でやってみましょう。



問題用紙の空いているところで、呼吸機能検査をしてみるのです。


まず、5本の線を書きます。

スライド1.JPG


これで検査の始まりです。


検査が始まると、検査のお姉さんにこのように言われます。

「普通に呼吸してくださ〜い」


線の真ん中に、このように書きます。

スライド2.JPG


これは何でしょうか?



いま、やっているのは、普通の呼吸ですね。

だから、これは 『一回換気量』 です。

スライド3.JPG




そして、検査のお姉さんはこう言います。

「では、大きく吸って〜!吸って〜!吸って〜!まだ吸えるでしょ!もっともっと!!」

スライド4.JPG


もう吸えないところまで、息を吸います。

普段、普通に呼吸をしているときは、感じなかったけれど、吸う気になったら、予備にこんなに吸えるんですね。

だから、これは

『予備吸気量』


スライド5.JPG



普段の呼吸から、最大に吸うと、一回換気量とこの予備吸気量を足した量を吸い込むことができるのですね。

だから、この2つを足したもの、一回換気量+予備吸気量は、

『最大吸気量』


スライド7.JPG




そのあと、検査のお姉さんは、こう言います。

「さあ、今度は息をはいて!はいて!はいて!まだ、はけるでしょ!!もっと!もっと!」

スライド8.JPG



普段の呼吸をしているときは、感じなかったけれど、はく気になったら、予備にこんなにはけるんですね。

だから、これは『予備呼気量』


スライド9.JPG



一番吸った時から一番はいた時ときまでを、何というかというと…

そう!


『肺活量』


スライド10.JPG



まとめると、

スライド11.JPG




あれあれ?下に1本、線が残ってしまいましたね。

最初から4本でよかったのかな?

スライド12.JPG




いやいや、この部分が、大切な

『残気量』  です。

スライド13.JPG


どんなに、大きく最大に空気をはいても、人間は肺の中のすべての空気をはきだすことはできないのです。

この、残ってしまった空気量のことを  『残気量』  といいます。






綺麗な空気の田舎で生まれた青年が、

『俺は、都会に出てきてすっかり身も心も都会に染まり、汚れてしまった』

と嘆いていたらこう言ってあげてください。  




「大丈夫。非常に量は少ないけれど、あなたは、生まれたところのあの、綺麗な空気を一生、肺の中に持ち続けながら生きているのですよ。」





予備呼気量とこの残気量を合わせたもを、

『機能的残気量』

とよびます。これは覚えなくちゃならないかな。


スライド14.JPG




肺に溜められるすべての空気量=全排気量は、肺活量と残気量を足したものになることは、もうわかりますね。


スライド15.JPG




このように、もし、国家試験で肺活量の問題がでたら、空いているところで、呼吸機能検査をしてみましょう。



そうすると、問題も簡単に解くことができますよ。



『恋するうさぎちゃん』さん、どうですか????





では、やってみましょう!!

問73 誤っているのはどれか.(第42回)
@ 残気量  =全肺気量 一肺活量
A 肺活量  =予備呼気量+最大吸気量
B 予備吸気量 =最大吸気量−1回換気量
C 予備呼気量 =全肺気量 一最大吸気量
D 機能的残気量=予備呼気量+残気量











この講義が、多くの人に伝わりますように........


理学療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村




















posted by わらじい at 21:01| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

三叉神経は運動量豊富なMF

道で、わら草履に出会った。

2sandals.gif

わら草履も、今日は早く寝るらしい。

わらもドキドキだ。





さて、解答解説を行おう。



問70 脳神経核と存在部位との組み合わせで誤っているものはどれか。(第38回)
1.動眼神経   中脳
2.迷走神経   延髄
3.外転神経   橋
4.舌下神経   延髄
5.副神経    中脳


【解答・解説】

嗅神経、視神経を除いた、10神経が、脳幹の上から2本、4本、4本の順で出ている。

そして、そこに脳神経核がある。


FW2枚を置いた、4−4−2システム

スライド10.JPG



FW(中脳)が、動眼神経、滑車神経

MF(橋)が、三叉神経、外転神経、顔面神経、内耳神経

DF(延髄)が、舌咽神経、迷走神経、副神経、舌下神経

スライド11.JPG



5.副神経は、延髄なのでバツ1


正解 5.





問71 脳神経核で延髄にないものはどれか。(第41回)
1.迷走神経核
2.顔面神経核
3.舌下神経核
4.副神経核
5.舌咽神経核


【解答・解説】

FW(中脳)が、動眼神経、滑車神経

MF(橋)が、三叉神経、外転神経、顔面神経、内耳神経

DF(延髄)が、舌咽神経、迷走神経、副神経、舌下神経

スライド11.JPG


DFの延髄には、舌咽神経、迷走神経、副神経、舌下神経


2.顔面神経の脳神経核は、橋にあるので、バツ1



正解 2.





問72 延髄にない神経核はどれか。(第44回)
1.舌下神経核
2.動眼神経核
3.前庭神経核
4.蝸牛神経核
5.迷走神経背側核


【解答・解説】

脳神経核は、ちょっと注意が必要で、三叉神経の神経核は、中脳から延髄まで、内耳神経の神経核は、橋から延髄までまたがって存在している。

スライド9.JPG



三叉神経は、FWからDFまで、幅広い範囲を活動的に動くMFで、内耳神経は、MFながらDFもやる選手なわけだ。

12334.jpg



内耳神経は、前庭から起こる前庭神経と蝸牛から起こる蝸牛神経が合流したもの。

どこから出ているのかと言うと、橋から延髄にかけて広がる前庭神経核蝸牛神経核から出ている。

MF(橋)ながらDF(延髄)もやる選手と言った奴じゃな。

すなわち、3.前庭神経核、4.蝸牛神経核 はそれぞれ、延髄にもあるのじゃ。


2.動眼神経核 は、橋にあるのでバツ1


正解 2.





さて、脳神経核の話をしたから、次は、反射のはなしでもするかな。





  


   
この講義が、多くの人に伝わりますように........


理学療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村



posted by わらじい at 00:30| Comment(0) | 末梢神経 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

t